くじら葬祭

昭島市、立川市、多摩地区、葬儀、家族葬を良質なサービスで提供。お客様の口コミ満載"くじら葬祭"
 

 

葬儀の種類

■火葬式
儀式的な事は行わずお別れ頂く一番シンプルなプランです。 火葬式プランKS

火葬式プランKL

 

■一日葬
通夜を行わず、葬儀一切を1日で行うプランです。
身体的、経済的に軽減出来ます。 1日葬プランOPS

1日葬プランOPL

 

■家族葬向き
ご家族様中心の葬儀プランです。故人の仲の良かった友人数名にも家族同様、ゆっくりとお別れして頂けます。 家族葬プランFS

家族葬プランFL

 

■人数で選ぶ葬儀
ご参列の人数に応じてお選び頂く葬儀プランです。職場関係やご友人、生前関わりのあった方々に幅広くお別れ頂けます。
 30~50名
葬儀プランBS
 50~100名
葬儀プランBM
 100~200名
葬儀プランBL

 

 
スマートフォンサイトはコチラから


フェイスブックファンページフェイスブック公式ファンページ 情報発信

HOME»  遺留分

遺 留 分

 

<相続分が不当に少ないときある程度の権利は守られる>

 

 

遺産の処分方法をどのように遺言しようと、原則的には本人の自由です。しかし、配偶者・子・孫(第1順位の人)・父母・祖父母(第2順位の人)には、法律で最低限、相続できる割合が保障されています。

法定相続人が法律上さ相低減相続できる割合を、遺留分といい、それを保障しているのが遺留分制度です。遺留分を請求できるのは、①配偶者、②子供およびその代襲者、③父母・祖父母などで、兄弟姉妹には請求権がありません。

 

 

<遺 留 分 は 法 定 相 続 分 の 2 分 の 1 >

 

 

法定相続人が相続できルイさんの割合を法で定めたのが法定相続分で、遺留分はその2分の1です。ただし、相続人が父母・祖父母などのときにかぎり、3分の1となります。

 

 

<遺 留 分 を 請 求 す る に は>

 

 

自分の相続分が遺留分を下回るとわかったときは、ほかの人が相続した座愛さんから、遺留分を取り戻す権利があります。これを、遺留分減殺請求といいます。遺留分減殺請求をするのに、特別な手続きは必要ありません。
生前贈与を受けた人や遺言で遺産を送られた人に対して、その旨を意思表示すれば有効です。
相手にもよりますが、」わずらわしいことになりそうなら、内容証明郵便を利用するのもひとつの方法でしょう。相手がこれに応じないときは、家庭裁判所に調停の申し立てをします。

 

 

裁 判 所 H P

遺留分減殺による物件返還請求調停に掲載されています。⇒クリック

 

 

<遺 留 分 の 請 求 は 1 年 以 内 に>

 

遺留分減殺請求の期限は、相続開始および遺留分を侵す生前贈与や遺贈があったことを知ったときから1年以内です。相続開始から10年たつと、この権利は自動的に消滅します。

 

 

 

 

関連ページ

①個人の預貯金の引き出し方 ②生命保険の受取り方 ③健康保険・国民健康保険の手続き

④厚生年金・国民年金の手続き ⑤返却・停止・名義変更をするもの ⑥故人の確定申告と医療費控除

⑦相続人になれる人 ⑧遺言書が残されたら ⑨遺留分 ⑩相続の選択

 

 

フリーダイヤル