くじら葬祭

昭島市、立川市、多摩地区、葬儀、家族葬を良質なサービスで提供。お客様の口コミ満載"くじら葬祭"
 

 

葬儀の種類

■火葬式
儀式的な事は行わずお別れ頂く一番シンプルなプランです。 火葬式プランKS

火葬式プランKL

 

■一日葬
通夜を行わず、葬儀一切を1日で行うプランです。
身体的、経済的に軽減出来ます。 1日葬プランOPS

1日葬プランOPL

 

■家族葬向き
ご家族様中心の葬儀プランです。故人の仲の良かった友人数名にも家族同様、ゆっくりとお別れして頂けます。 家族葬プランFS

家族葬プランFL

 

■人数で選ぶ葬儀
ご参列の人数に応じてお選び頂く葬儀プランです。職場関係やご友人、生前関わりのあった方々に幅広くお別れ頂けます。
 30~50名
葬儀プランBS
 50~100名
葬儀プランBM
 100~200名
葬儀プランBL

 

 
スマートフォンサイトはコチラから


フェイスブックファンページフェイスブック公式ファンページ 情報発信

HOME»  相続の選択

相続の選択

 

 

遺産には、プラス財産のほかに借金などのマイナス財産も含まれますから、うっかり相続すると借金の返済義務をおうことにもあります。そこで、故人の遺した借金で苦しむことがないように、3つの相続の方法の中から、自分にふさわしい方法を選択できるようになっています。

相続人は、単純承認・限定承認・相続の放棄の3つの中かから相続の方法を選ぶ孤男ができます。遺産の実態を把握し、相続の選択を考慮する期間は、相続開始後3ヵ月です。相続の開始(被相続人が死亡した日)や自分が相続人であることを知らなかったときには、それ知った日から3ヵ月となります。

 

 

{単純承認}

 

単純承認は借金も受け継ぐ

 

被相続人の遺産に関する管理・義務(借金返済も含む)を、すべて無条件で受け継ぐことを単純承認といいます。単純承認のときは、とくにこれといった手続きはいりません。

 

単純承認とみなされてしまう場合

 

以下の場合は、単純承認とみなされ、限定証人や相続放棄ができなくなるので注意しましょう。

 

◇3ヵ月間、何もしないままでいたとき

◇相続の選択をする前に遺産の一部または全部を処分してとき

◇限定証人や相続放棄をする際に財産の一部を隠して財産目録に書かなかったとき

 

 

{限定証人}

 

 

<遺産のプラスとマイナスが不明の場合>

 

プラス財産の範囲内にかぎり、借金を返済出来るのが限定証人の制度です。借金を偏差したあとに財産が残ればそれを相続できますし、借金の方が多かったときはプラス財産をすべて返済にあて、それ以上の返済からは免れることができます。「土地や預貯金も借金もあるのだが、いったい何がどのぐらいあるのかがよくつかめない」というときに適しています。

 

 

<限 定 承 認 の 手 続 き>

 

手続きは相続開始を知るってから3ヵ月以内に家庭裁判所に財産目録を提出して行います。承認されたら債権者に限定承認したことを公告して、清算の手続きを行います。

 

◇限定承認は、相続人全員の合意がなければできません。相続人のうち1人でも単純承認をする人がいれば、不可能です。

 

◇相続を放棄した人がいる場合は、その人を除いた相続人全員の合意があればできます。

 

注意!!!

 

◆財産目録の作成位も必要なので、かなり手間がかかります。3ヵ月以内にすることは難しい場合も多いようです。

◆3ヵ月以内にできそうもないときは、期間の延長を家庭裁判所恥前に申請します。

 

 

裁判所HP

・相続の限定承認の申述 ・相続の承認又は放棄の期間の伸長に掲載されています。⇒クリック

 

 

相続放棄}

 

借金のほうが多い遺産のとき

 

相続放棄をすると、はじめから相続人でなかったものとみなされます。限定承認の場合は、相続人全員で行わなければなりませんでしたが、相続放棄は、あくまでも相続人1人の自由意思で行います。
遺贈(遺言で財産を贈られること)された人も、受け取りを放棄することができます。

 

 

<相 続 放 棄 を す る ケ ー ス>

 

 

●借金の方が多い遺産だとわかったとき

 

相続放棄をすると、亡くなった人の借金返済義務から逃れられます。

 

●他の人に遺産をゆずりたいとき

 

農家や商家などの後継者のために、ほかの相続人が相続を放棄するケースがあります。また、残された方の親に、老後の生活費として全財産を相続させたいというとき、子供が相続放棄をすることもあります。

 

●相続人どうしのトラブルがいやなとき

 

◇放棄した人は、初めからいなかったももとみなされるので、代襲相続(相続人の子供 が相続する)もなくなります。

◇相続放棄をしても、保険金・退職金受け取ることができますが、法定相続人の非課税枠を失うので、500万円の控除はありません。

 

 

<相 続 放 棄 の 手 続 き>

 

 相続開始を知った日から3ヵ月以内に家庭裁判所②相続放棄の申述をします。

 

 

申述の受理

 

相続放棄申述書が提出されると、家庭裁判所は、本人の意思かどうかを確認し、申述を受理するか否かを審判します。

証明書の交付

 

相続放棄の申述が受理されると、証明書が申述人に交付されます。この相続放棄申述証明書相続債権者に示して相続放棄をしたことを説明すれば、相続債務の追求を免れることができます。

 

 

裁判所HP

相続の放棄の申述に掲載されています。⇒クリック

 

 

申述のしかた

 

どこで……亡くなった人の住所地を管轄している家庭裁判所

 

 

用意するもの

 ①相続放棄の心術をする人の戸籍謄本

 ②亡くなった人の戸(除)籍謄本

 ③亡くなった人の住民票除票写し

 ④収入印紙

 ⑤郵便切手(通信用)

※郵便切手、必要書類については、管轄の家庭裁判所の受付窓口に直接お問合せきださい。

 

 

いつまでに………

相続が開始したことを知ってから3ヵ月以内。3ヵ月以内に結論が出せないときは、期限内に家庭裁判所に期間延長を申し立てます。

 

 

{遺 産 分 割 協 議}

 

遺言がなければ話し合って分ける

 

遺言がないときは、相続人全員で遺産の分割方法を話し合います。このとき全員の合意があれば、法定相続で分けても別の分け方でもかまいません。このような、話し合いを遺産分割協議といい、話し合いによる遺産分割を、協議分割といいます。

遺産分割協議が成立すれば、分割手続きは完了です。しかし、一般的には遺産分割協議書を作成し、共同相続人全員が署名して捺印します。

また、不動産の名義変更や相続税の申告の時にも必要になります。

 

 

<遺 産 分 割 協 議 の 方 法>

 

 

分割協議は、共同相続人全員が参加したものである必要があります。正当な相続人の中から一人でも除外された場合は、分割協議自体が無効です。遺産分割協議は、誤解を招かないためにも、全員が顔を合わせて相談するのが最善です。しかし、実際には、相続人全員が一同に集まれない場合もあります。全員が集まるのが不可能な場合、相談は郵便や電話などで行い、分割協議書への署名・捺印は郵便などを利用しても構いません。

 

 

協議ができないとき

 

 

相続人同士で競技ができないときは、家庭裁判所へ遺産分割の調停または審判の申し立てなどをして、遺産分割をすることになります。

 

 

 

裁判所HP

遺産分割調停に掲載されています⇒クリック

 

 

<遺 産 分 割 協 議 の ポ イ ン ト>

 

 

●寄与分制度

 

相続人のなかに、被相続人の財産を維持・形成する上で特に貢献したり、被相続人の療養看護、老後の世話に特によく努めた者がいる場合があります。このような相続人については、その貢献度を考慮して、他の相続人より相続分を多くすることが認められています。これを、寄与分制度といいます。

寄与分は、相続人たちの協議で決めるのが原則ですが、協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に申し立てて決めてもらうことができます。

家庭裁判所は、寄与時期、方法、程度、遺産の額などを考慮して決めます。最高で遺産の3割、ふつうは1割程度ということが多いようです。

 

 

 

裁判所HP

寄与分を定める処分調停に掲載されています。⇒クリック

 

 

 

●特別受益分

 

分割協議するときに考慮しなければならないものとして「特別受益分」というものがあります。特別受益分というのは、相続人の中ある人が、被相続人から遺贈を受けたり、結婚や何かのお祝い時に生前贈与を受けた財産のことです。

 

 

★特別受益の計算例

 

相続人AとBがいて、Aは被相続人から生前に1000万円の贈与を受け、B花にももらっていなかったとします。相続財産が現金で3000万円あったとすると、それにAがすでにもらっている1000万円を加算して、4000万円で分割協議することになります。

公平に分割すると、各々2000万円②なりますが、Aは1000万円をすでにもらっていますので、それを差し引き、具体的相続分は1000万円、具体的相続分1000万円、Bは2000万円となります。

 

 

遺産分割が決まらないと…

 

◇「配偶者は法定相続分、または1億6000万円まで相続しても相続税はかからない」という特典が受けられない。

◇遺産を売却・処分できない、抵当権がつけられない。

◇相続人が死亡して代襲相続人に相続権が移ることもある。

◇特定の人がある財産を長く使用する状況が手続くと、そこに新しい権利を生じることもある。

◇相続人の誰かが財産の一部をこっそり処分することも可能。

 

 

 

<遺産はいつまでにどのように分けたらよいか>

 

 

法律では、遺産の分割はいつまでと期限をつけているわけではありません。だからといって何年もそのままにしておくのは、賢明とはいえません。遺産分割は、相続税の申告期限(10ヵ月以内)までに決めるのがもっともよい選択です。

 

 

具体的な分割法・・・・・・・・・・・

 

実際に遺産を分割する方法としては、以下のような方法があります。

 

・現物分割

「家は配偶者が、土地は長男が」というように、誰がどの財産を取るか決める方法で、最も一的な分割法です。

 

・換価分割

相続財産をすべて売却して、その代金を分割する方法です。法定相続分どおりきちんと分けたいという場合に、よくとられる方法です。

 

・代償分割

ある相続人が法定相続分以上の財産を取得するかわりに、他の相続人立ちに自分の金銭を支払うという方法です。金銭でなく、物を渡すと、代物分割になります。

 

・共有分割

相続人全員あるいは一部の相続人で、特定の遺産を共有することがあります。これを、共有分割といいます。分割しにくかったり、共同使用したい不動産があるときに利用されることが多い方法です。

 

 

 

{遺 産 分 割 協 議 書}

 

相続人全員による遺産分割の話し合いがまとまったら、結果を遺産分割協議書にまとめます。相続した不動産の名義変更や、相続税の申告、貯金の解約、自動車の下取りなどのときに必要になります。

また、相続税申告の際の配偶者控除の特例は、遺産分割協議書を添付しないかぎり受けられません。(手続きが必要ない場合でも、後日のトラブルを避ける為に協議の結果を書面にしておくことをお勧めします。

 

 

<遺 産 分 割 協 議 書 の 書 き 方>

 

 

・どの遺産を誰が取得したかという協議内容を明確に書く

・日付け、相続人全員の署名、印鑑証明を受けた実印での押印が必要。

・文句の加除訂正は正式な書式に則る。

 

*上記以外、遺産分割協議書は、とくに決められた書き方はありません。

 

①用紙の大きさは自由。

②縦書きでも横書きでもよい。

③手書きはもちろん、署名以外をワープロでの文書にしてもよい。

 

 

 

{延  納}

相続税を期限までに納められない時は

 

 

●一括納付がむりなら延納もできる

相続税は、申告期限(10ヵ月以内)までに現金で、納付するのが原則です。しかし、期限までに納税できないときは、相続税を年払いの分割で納める延納という方法があります。

 

●延納できる期間

延納できる期間は原則として5年以内ですが、相続した財産の課税価格のうちに占める不動産の価額の比率によって違っています。なお、延納期間に応じて利子税がつきます。

 

●延納できる条件

延納をするためには、以下4つの要件を全て満たしていることが必要です。

 

・相続税額が10万円をこえること

・納期限までに金銭で納付することが困難な事由があること

・申告期限までに延納申請書を提出すること・担保を提供すること(延納税額50万円未満で、延納期間が3年以下の場合は不要)

 

 

■延納・物納の申請は申告期限内に

申請書は、申告期限内(相続開始後10ヵ月以内)に、死亡した人の住所地を所轄する税務署宛てに提出します。詳しくは税務署で確認してください。

 

 

国税庁HP タックスアンサー

相続税の延納に掲載されています。⇒クリック

 

 

 

{物  納}

延納が無理なら物納という方法も

 

税金は現金で納付することが原則で、相続税も例外ではありません。しかし、相続財産の大半が不動産で、手持ちの資金が非常に少ないため、どうしても現金で納付できないというような場合もあるでしょう。このような場合は、物納という方法を選ぶことができます。

 

●物納できる財産とその優先順位

物納は、どんな財産でもよいかというと、そうではありません。物納できる財産は、相続や遺贈で取得して財産のうち以下のもので、その優先順位も次のように決められています。

 

①国債、地方債、不動産、船舶

②社債、株式、証券投資信託または貸付信託の受益証券

③動産

 

ただし、抵当権がついている財産、係争中の財産、共有財産、譲渡制限のある株式などは認められません。

 

 

●物納できる条件

・延納によって現金での納付が困難なこと

・物納できる財産があること

・税務署が許可すること

国税庁HP タックスアンサー

相続税の物納に掲載されています。⇒クリック

 

 

 

 

関連ページ

①個人の預貯金の引き出し方 ②生命保険の受取り方 ③健康保険・国民健康保険の手続き

④厚生年金・国民年金の手続き ⑤返却・停止・名義変更をするもの ⑥故人の確定申告と医療費控除

⑦相続人になれる人 ⑧遺言書が残されたら ⑨遺留分 ⑩相続の選択

 

 

フリーダイヤル