くじら葬祭

昭島市、立川市、多摩地区、葬儀、家族葬を良質なサービスで提供。お客様の口コミ満載"くじら葬祭"
 

 

葬儀の種類

■火葬式
儀式的な事は行わずお別れ頂く一番シンプルなプランです。 火葬式プランKS

火葬式プランKL

 

■一日葬
通夜を行わず、葬儀一切を1日で行うプランです。
身体的、経済的に軽減出来ます。 1日葬プランOPS

1日葬プランOPL

 

■家族葬向き
ご家族様中心の葬儀プランです。故人の仲の良かった友人数名にも家族同様、ゆっくりとお別れして頂けます。 家族葬プランFS

家族葬プランFL

 

■人数で選ぶ葬儀
ご参列の人数に応じてお選び頂く葬儀プランです。職場関係やご友人、生前関わりのあった方々に幅広くお別れ頂けます。
 30~50名
葬儀プランBS
 50~100名
葬儀プランBM
 100~200名
葬儀プランBL

 

 
スマートフォンサイトはコチラから


フェイスブックファンページフェイスブック公式ファンページ 情報発信

HOME»  葬儀あらかると»  葬儀あらかるとVOL.11

葬儀あらかると

 

葬儀あらかると

 

 

VOL.11 1月 新しい供養

 

葬儀についてなんでも発信していく、『第11回 葬儀あ・ら・か・る・と』 
今回のテーマは、『新しい供養』をお送りします。

 

 

近年は死後、伝統的なお墓に入らずに海などに遺骨を撒く『散骨』や墓石の代わりに樹を植えてもらう
『樹木葬』などがある事はご存知の方が多いかもしれません。
お墓を守っていく人がいないなどの理由でこのようなサービスが誕生してきました。

そんな中、まだそう広くは知られていない分野もあります。

例えば、『遺骨ダイヤモンド』

これは、人間の遺骨や遺灰・遺髪から、作るというものです。
それらから抽出した炭素を使用し、天然のダイヤモンドが結晶化する過程と同じ方法で製作される合成ダイヤモンドです。その硬度や輝きは天然ダイヤモンドと全く同じなんだそうです。
高度な技術が発展している現代ですが、本当に驚きですね。
大切な人を亡くして、がらっとライフスタイルが変わってしまった方の心の支えに一役買うものかもしれません。

また、最近では、遺骨・遺灰を『本人の声をレコードにする』というちょっと変わった海外の会社があるそうです。


余命宣告を受けた方が生前に肉声を撮っておく。肉声だけならレコーダーに撮っておくだけでいい気もしますが、このサービスは、レコード盤をその人の遺骨で作ってしまうのです。
『レコードになって生き続ける』まさに生粋の音楽ファンにもってこいのサービスなのだそうです。

ダイヤモンドのサービスは日本で代理店がありますが、レコードはこれから取り扱う所が出てくるのでしょうか。
(私筆者自身は『レコード?せめてCDなら・・・』と思ってしまいました。)

またちょっと怖い?話があります。
上記2つと違って、形にして手元に残すとは真逆です。筆者の記憶では1年ほど前に一部メディアで紹介されていました。
それは、人を『液状化する』というもの。

大きなコインランドリーのような箱に遺体を入れて、5~6時間ほどかけアルカリ加水分解します。消費電力も火葬より抑えられ、ダイオキシンなどの有害ガスの発生も抑えられ環境に優しいということです。
実際にそれを稼働していくとなると、賛否両論、法的な整備などかなりの時間がかかりそうですね。

古来より、土葬、鳥葬、火葬などその時代時代で変化してきました。
いま日本はかつてない核家族化、高齢化社会がすさまじい勢いで進行しています。これを背景に利用者のニーズはもっともっと多様化していくでしょう。


何十年後、100年後近くの供養の形は、どのようになっているでしょうか。
お葬式自体はされるのかな・・・??



今回は『新しい供養』をお送りしました。
では、次回をお楽しみに・・・。

 

 

                                                            ⇒葬儀あらかると一覧へ戻る